カミソリ脱毛はムダ毛の範囲が広がっていく?

MENU

カミソリ脱毛はムダ毛の範囲が広がっていく?

カミソリで脱毛を続けると、徐々にムダ毛の範囲が広がっているように見えることがありませんか。広範囲にわたって処理を続けるほどさらに広がる悪循環の繰り返しです。自分で処理をするとなぜムダ毛の範囲が広がったり毛が太くなってしまうのでしょうか。

 

カミソリ脱毛はムダ毛の範囲が広がっていく?

 

体の自然な防衛本能でムダ毛が広がる

体に生えている毛は大切な部分ほど毛の量が多いですよね。髪の毛やデリケートゾーンなど、これらの場所は毛を密集させることで体を守る目的があります。

 

デリケートゾーンをカミソリで剃り続けると、最初はビキニラインの範囲で収まっていた毛が太ももにま広がっていくことがありますよね。1本だけ離れたところにちょこんと生えてしまう毛。気がつけばまだいいのですが、知らずに水着を着て後でとても恥ずかしい思いをしたことがありませんか。

 

デリケートゾーンはとくに刺激が加わると防御機能が働きやすいため、カミソリの刺激が加わるたびに発毛機能が刺激されてしまいます。そのため気が付くと元の範囲よりも広くなり、しかも毛が太くなるという悪循環が繰り返されてしまうのです。

 

カミソリで処理すると毛の断面がとがってしまう

通常は毛髪は伸びるにつれて先端が細くなっていきます。永久脱毛で処理をした後は新しく生えてきた毛が途中でするっと抜け落ちるようになり、毛の太さも徐々に細くなっていきます。

 

しかしカミソリを使うと毛の断面が太くとがったままになりますので、その太さで生えてしまうため前よりも太く、さらに濃くなってしまいます。

 

剃った後の毛がチクチクするのはとても不快。我慢できなくてカミソリで剃ると結局同じことの繰り返しになってしまいます。永久脱毛は1年~1年半ほど通う必要がありますが、本当にすべすべの肌を手に入れるなら多少は我慢も必要だということなのでしょうね。目先の効果だけを気にしてもよい結果は生まれないのです。

 

産毛もカミソリ処理のせいで太い毛になる可能性あり

何でもかんでも自分で処理してしまうと、本来は産毛でそれほど目立たない毛も、外部からの刺激で毛根が活発になってしまいます。腕の内側、太ももなどそれほど気にならないムダ毛ってありますよね。こんな部分までもカミソリでしっかり処理してしまうと逆に毛が太くなり目立つ原因です。

 

自己処理は時間がかからずとても都合がよい方法ではありますが、長い目で考えるとやっぱり永久脱毛にした方がいいのでしょうね。

永久脱毛のおすすめランキングトップへ

関連ページ

危険な家庭での脱毛!カミソリを使うと肌に予想以上のダメージ
永久脱毛に行きたいけどお金がない、そんな女性の悩み解決として皆さんやっているのがカミソリを使った自己処理です。お風呂で簡単に処理ができるし、なによりもお金がかからないことがメリット。日頃から続けているカミソリ脱毛は肌を傷つける為十分に注意しないといけませんよ。
脱毛クリームは毛を溶かす?肌に危険な理由について
脱毛クリームの種類は最近とても増えたような気がしませんか。女性用だけでなく男性用もあるほどですから皆さん自分で頑張って処理を続けているということなのでしょうね。でも注意したいのは脱毛クリームの危険性。使う前に必ず理解して、自分に合った脱毛方法を見つけてくださいね。
簡単な脱毛ほど怖い!カミソリを使うと色素沈着に!
脱毛をするなら永久脱毛が一番効果があるといわれていますが、どうしても手軽にできるカミソリ処理から抜け出せない人も多いですよね。しかし簡単な方法ほど肌に与えるダメージは多く危険です。そこでカミソリによる色素沈着について詳しくみていきたいと思います。
自己処理のデメリット
永久脱毛で人気があるクリニックでは全身脱毛ができないところはない、と宣伝するほどどこでも綺麗に施術できる点が魅力ですね。自己処理でもほとんどは可能だと思われますが、VIOになるとそれほど簡単にはいかなくなります。
脱毛を自分でやると埋没毛の原因になる可能性あり
自分で処理した部分の新しい毛が埋没毛になってしまい、面倒くさいことになった経験はありませんか。こんな悩みは自分で処理した時だけで永久脱毛をすれば埋没毛になることもありません。では脱毛で知っておきたい埋没毛について詳しく見ていきましょう。
毛抜きを使った脱毛のメリットとデメリットについて
ちょっとした部分なら毛抜きを使った処理がとても便利ですよね。カミソリのような毛の断面も気にせず、新しく毛が生えてくるまでに時間がかかるのもよい点のひとつです。しかし自己処理方法のなかでも「毛抜き」はとても危険。今すぐにやめた方がいい理由をご紹介します。

永久脱毛クリニック一覧

メニュー

当サイトについて

このページの先頭へ