デリケートゾーンに一番合った脱毛方法を教えてください。

MENU

デリケートゾーンに一番合った脱毛方法を教えてください。

デリケートゾーンに一番合った脱毛方法を教えてください。

剃刀では綺麗に剃れないデリケートゾーンのムダ毛の処理方法は、どうやったら綺麗にできるのですか。ビキニを安心して着られるようになりたいです。

デリケートゾーンのムダ毛の処理は、人にもなかなか相談できないですよね。しかし困っている女性はとても多く、脱毛方法も色々とトライされている方がいるようです。

 

剃刀や脱毛ワックスなどを使う自分の処理方法は、肌を傷つける原因。デリケートゾーンは体の大切な部位でもありますので、刺激が加わると毛がさらに濃くなり範囲が広く生えてしまう特徴があります。ビキニを着ても恥ずかしくないようにするには、効果がずっと続く永久脱毛が一番おすすめです。

 

デリケートゾーンに適した脱毛方法について

デリケートゾーンは自分で処理しても、綺麗にできない難しい部位ですよね。最近はどこのエステもクリニックでも、デリケートゾーンの脱毛部位はとても人気があります。ではどの方法が一番デリケートゾーンに適しているのでしょうか。

 

ハイジニーナ脱毛の基礎知識

ハイジニーナ脱毛という言葉をよく聞きますが、そもそもこの脱毛はプライベートエリア部位の脱毛の事、VIOとも呼ばれています。それぞれのアルファベットの形をイメージしてVはビキニライン、Iは性器の周辺、Oは肛門部分の処理となっています。

 

人にはなかなか言えない悩みなので、自分で処理を続ける方も多いですよね。ハイジニーナ脱毛は、見た目を綺麗にするだけでなく、女性にとっては衛生面にも良いメリットがあります。色々なデザインの下着や水着を楽しみたい、そんなオシャレな女性に人気がありますよね。

 

自己処理のデメリットについて

デリケートゾーンは剃刀を使って剃るのが一番簡単。しかし最もリスクが高く肌に負担になっています。デリケートゾーンは見えにくい部位なので、誤って傷つける可能性があります。また剃刀の刺激により毛根が刺激されさらに太い毛が生えてしまう悪循環もあるのです。

 

さらに剃刀の刃は肌の角質層を刺激して、メラニン色素が活発になりますので色素沈着をする原因。ムダ毛を剃った後も、なんとなく肌の黒ずみって気になりますよね。脱毛クリームやワックスも同様です。デリケートな部分だからこそプロに処理をしてもらったほうが安心です。

 

永久脱毛は一生手間いらずで肌にも安心

エステ脱毛は効果は一生ではありません。デリケートゾーンはできるだけ負担を抑えるためにも、永久脱毛で一生手間いらずの処理をしたほうが安心。肌の黒ずみ改善、また毛乳頭が破壊されるため二度と毛が生えてくることはないのです。

 

大変敏感な部位なので、エステで処理をするよりも有資格者が行うクリニックの方が安全性も高いメリットがあります。いつでも気にせずビキニを着るなら、ぜひ永久脱毛を選んでみませんか。一生ムダ毛処理から解放され、いつでも敏感なエリアを清潔に保つことができます。

永久脱毛のおすすめランキングトップへ

関連ページ

脱毛をしたいのですが、クリニックの脱毛とエステの脱毛は何が違うのですか。
脱毛は医療脱毛とエステ脱毛の二つがありますが、一番の違いは効果。毛穴から毛が生えてこなくなるのは医療脱毛で、エステ脱毛は完全な脱毛効果でなく、毛を細くしたり本数を減らす効果があります。脱毛にかかる費用だけを見ると、エステ脱毛の方が断然安いですが、それは効果が大きく違うためです。
永久脱毛にはどんなリスクがありますか?
一番知っておきたいのはレーザー照射による火傷です。またほかにも毛膿炎と呼ばれる症状があり、光の照射によりニキビができやすくなること。火傷もニキビも一時的なものなので、2週間前後で症状は消えますが、大切なのは万が一の対応が迅速に出来るかどうかという点です。
永久脱毛をはじめたいのですが、いくらぐらい値段がかかるか教えてください。
永久脱毛と聞くと、とても高額で手が出ないイメージがありますよね。全身脱毛をする場合ですが、エステサロンでは15万円前後でクリニックは30万円~40万円ほどといわれています。しかし分割払いなどもありますので、予算に合う脱毛ができるかどうかまずはカウンセリングで相談してみましょう。
医療脱毛とエステ脱毛はどっちの方が通う期間は短いのですか?
医療脱毛とエステ脱毛には色々な違いがありますが、通う期間の長さもそのひとつ。どちらも毛周期のサイクルに合わせて行うため、毎日通いたくてもできない事情があります。エステは平均すると2年、クリニックは半年から1年ほど。レーザーの照射範囲が広くなり施術時間も短くなっています。

永久脱毛クリニック一覧

メニュー

当サイトについて

このページの先頭へ